オンデマンド・セミナー 2021.09

オンデマンド・セミナー企画】

 ・ご都合の良いタイミングでいつでもアクセス可能! (配信期間は限定されています)

 ・ちゃんとしたHRの専門家が解説!(SHRM-SCP:全米HR協会上級プロフェッショナル認定)

 ・質疑応答もしっかり対応! (動画のリンクにある、質疑応答フォームから)

バイデン政権が目指す 今後の労働環境の方向性 ~給与・保険はどうなるのか~

近年、アメリカでは賃金上昇が続いている傾向があり、2010年代には州単位で最低賃金・時給$15を目指すプランが次々と発表され、最近では、先日発表された新型コロナウイルス対策支援法案・AAPA(American Rescue Plan Act)の原案の中で、長らく変更が無かった連邦(Federal)の最低賃金の変更について言及されました。こちらは実現に至らなかったものの大きな波及効果を生む事となり、今後さらなる賃金上昇が見込まれる状況となりました。その様な背景の中、今回はアメリカの給与と保険に関する最新の動向とトレンドについてお話します


・いま何が起こっているのかを理解する!

・どの様な対応が必要なのかを考える!

・ 準備をするための情報ソースを知る!


この様なお悩みをお持ちの方は必見のセミナーとなっておりますので、奮ってご参加ください!!

 ■ 配信期間:2021年9月1日~9月8

 ■ 所要時間:50分

 ■ 講師:Kimihiro Ogusu, SHRM-SCP

 ■ 参加費:無料

 ■ お申込み:コチラのフォームから (お申込み完了後に動画URLをお送り致します)

【CONTENTS】


 Ⅰ. アメリカの給与動向

  ・日米の平均収入

  ・大学新卒者の平均収入

  ・エグゼンプトの最低年収

 . 最低賃金・時給15ドルを目指すアメリカ

 ・最低賃金

  ・最低賃金の動向

  ・主要州のプラン

  ・Federalの最低賃金

 Ⅲ. 着目すべき最低賃金上昇のトレンド

  ・食品業界

  ・Bank of America

 . バイデン政権のヘルスケア改革

  ・Biden Plan to Protect & Build on the ACA

  ・2010年のACA

 . 今後の医療御権料の流れ

  ・アメリカの保険料の動向

  ・アメリカの企業負担率

 . その他のHR関連動向

 ・Juneteenth

 ・The Pregnant Workers Fairness Act


注) 内容は多少変更となる場合がありますので、ご了承ください。

【質疑応答に関して】

セミナー内容に関するご質問は、動画内リンクの先にある「質問フォーム」にご記入いただく形になります。ご回答は、皆さまからいただいたご質問を集計し、後日ウェブサイトにアップ致します。(アップしたタイミングで皆さまに通知メールをお送り致します)

【その他 | 給与に関する無料情報】

【その他・メディア情報】

ランキング1位**こちらの記事は「北南米で1位」を複数回、「全世界で2位」の評価をいただいているものになります

「日本型」ジョブ型雇用が抱える課題 ~参考にすべき海外のジョブ型雇用と基本的な考え方~

【アメリカの人事/労務情報】

HR NAVI (有料版)

  ▶ FEDERAL https://HRnavi-US.solution-port.com





 FEDERALのページで分かる事


  ▶ 新型コロナウィルス対応

   ・レギュレーション (FFCRA、CARES Act)

   ・ガイドライン (COVID-19ガイドラインまとめ)

  ▶ アメリカのベネフィット

   ・医療保険 (保険付与のデータ、保険料と負担率)

   ・401(k) (401(k)のメリット、401(k)の仕組み)

  ▶ 雇用指標

   ・雇用 (勤続年数)

   ・賃金 (昇給データ、大学新卒者の平均年収)

  ▶ General HR

   ・FLSAステータス (Exemptionの種類と定義)

 

 *今後も情報を随時掲載して行きます!


 各州のページで分かる事


  ▶ レギュレーション

   州、市、群など

  ▶ 法定のベネフィット

   州、市、群など

  ▶ 各種データ

   ・最低賃金 (Exemptの最低年収、Exempt以外の最低時給)

   ・労働指標 (Unemployment Rate、CPI)

  ▶ 労務管理

   ・休憩時間 (食事休憩、休憩)

   ・Non-Exemptの給与 (残業代、出張、変則勤務)

   ・退職時の給与支払 (支払い時期、休暇の払戻し)

   ・給与の通知

  ▶ Onboarding (雇用時に必要な書面)

   州、市、群など

COMPENSATION REPORT 2021

適切な従業員管理のために

SolutionPort, Inc.の『Compensation Report』では、 毎年度実施している給与・ベネフィット・雇用指標リサーチから得たデータを掲載しており、信頼性の高い情報をご参照いただけます。「効果的な報酬パッケージを提供したい」「市場相場と自社実績との比較をしたい」「人材のリテンションのための適切な報酬水準を知りたい」とお考えの皆さまにお勧めのレポートになります。

報酬パッケージが適切でないとどうなるのか

適切な報酬パッケージが用意されていない場合、「従業員のモチベーションの低下」「良い人材の流出」「経費の無駄遣い」が発生してしまう可能性があります。そうなると、組織運営が困難となり、事業計画が予定通り進めにくくなってしまう事も考えられます。また、入手した情報に整合性が無い事や目的に即したデータでは無かった場合も適切な報酬が定められないため、注意が必要です。

このレポートの情報がどの様に活用できるのか

本レポートに掲載されているアメリカの雇用環境や給与・ベネフィットの相場や、在米日系社会と米系の違いを知る事によって、御社の状況に適した報酬パッケージの作成や、既存プログラムのアップデートに役立ちます。アメリカでの事業を促進させるために、是非御社の報酬パッケージを見直されてみてはいかがでしょうか。